データ保持とコンプライアンス

保持したデータから価値を得る

データの真の価値は、そのデータで何ができるのかにあります。 弊社の仮想的にひとつのコンテンツ レポジトリを使えば、ビジネスの遂行に必要な情報のインデックス化、アーカイブ、検索がより簡単になり、保存したデータを戦略的ビジネス資産に変えることができます。

インテリジェントな情報へのアクセスと管理

ビジネスを保護しコストを削減するには、法令順守と法的証拠開示要求にすばやく対応し、優れた情報に基づくビジネスの意思決定に非構造化データやタグ付けされていない「ダーク」データを活用し、エンドユーザーがファイルと文書にセルフサービスでアクセスできることでビジネスの生産性を高めることができるようになる必要があります。

コンテンツベースのデータ保持

コンテンツベースのデータ保持

ユーザー定義の保持ポリシーを使用すると、ファイル名、ファイルの種類、コンテンツ、タグ、キーワードなど関連性のある使用可能な基準に基づいて、ビジネスにとって本当に重要な情報だけを自動的に整理し、分類し、保存することができ、膨大なデータを保存することによるコストや複雑性、リスクを軽減することができます。

コンテンツベースのデータ保護

エンタープライズ検索と e ディスカバリー

仮想レポジトリの情報の検索、選択、リトリーブをよりすばやく簡単に行えるようにすることで、エンドユーザーや法務/コンプライアンス担当責任者は、必要な情報を必要なときにすぐに直感的に見つけることができます。

エンタープライズ検索と e ディスカバリーの詳細
企業検索と eディスカバリ

メール アーカイブ

Commvault を使用すると、ストレージ要件を下げ、アプリケーション パフォーマンスを向上し、ユーザーが保存済みのメールに簡単にセルフサービスでアクセスすることを可能にし、ビジネスとコンプライアンスの両方のニーズを満たすことができます。

データ消失防止

貴重なデータを保護

未承認のアクセスを防止するデータ暗号化、紛失したノート PC に保存されていた企業データの遠隔消去、その他高度な情報セキュリティ機能を活用することで、重要なビジネス情報の盗難や紛失のリスクを最小限に抑えることができます。

データ消失の詳細

セキュアなファイル共有

Commvault のファイル共有ソリューションは、生産性を上げながらも、確実に機密ビジネス データをセキュアかつコンプライアンスに準拠して取り扱うことを可能にします。さらに、すべてのデバイスでファイルを同期し、アクセス可能にすることができます。

セキュアなファイル共有の詳細
セキュアなファイル共有

InfoTech Vendor Landscape:
Content and Email Archiving 2015

すべての組織において、アーカイブ製品を使ってコンプライアンス ニーズを満たすことと、コンテンツの増大がプライマリ ストレージに及ぼす影響を低減することが懸念事項となっています。 この調査は、サード パーティ製アーカイブ製品が必要かどうかを判断するうえで役立ち、効果的なアーカイブ プログラムを作成するためのベスト プラクティスを提示します。 また、この調査では、企業ニーズを的確に満たすメール アーカイブのベンダーと製品を評価し、特定の使用事例とシナリオに最適な製品と、選択されたプラットフォームを導入する方法を見つけます。

レポートの入手