メール アーカイブ

IDC によると、ビジネスに不可欠な情報の 60%、ときにはそのすべてが、メールに含まれています。 そのため、事業継続と情報の入手可能性を確保するメール アーカイブ戦略を持つことの重要性は、これまで以上に大きくなっています。 そこで、Commvault の出番です。

弊社の単一の統合データ管理プラットフォームは、Microsoft Office 365 のようなクラウド メール ソリューションを含む、どのようなメール環境でも詳細なアーカイブ ポリシーをサポートします。Commvault を使用することで、その量が増え続けても、データをアプリケーションごとに分類し、メール データ管理を自動化することができます。予防的なデータ コンプライアンスと法的証拠開示のメリットを活かし、ストレージを最適化することで、コストと時間を節約してください。


e ディスカバリーとコンプライアンスを容易に

会議に集中する女性

Commvault により、サイロ化されたデータ全体で e ディスカバリーが合理化され、包括的な単一プラットフォームを介してメールのデータにアクセスできるようになります。弊社の直感的なセルフサービス検索機能は、法務チームが IT 部門の手を借りることなくデータを収集し、ホールドとレビューを実行できるように構築されたもので、訴訟ケース評価の結果を直ちに得ることができます。

メールの急増を制御

メールは増え続けており、どのメール データに本当のビジネス価値があり、貴重なストレージ容量を単に消費しているにすぎないデータはどれなのかを見分けることが困難になっています。Commvault は、ユーザーが定義したコンテンツベースの保持ポリシーにより、メール アーカイブのコスト、リスク、複雑性を低減します。この保持ポリシーには、ファイル名、種類、ユーザー/グループ、キーワード、Exchange 分類などが基準として使用されます。従来の「すべて残す」アプローチではなく、コンテンツに応じて保持することで、ビジネスにとって重要なものだけをアーカイブするので、保持にかかるコストを低減することができます。

ホワイトボードの前に立つ男性

クラウド メールの最適化

コンピューター ラボにいる男性

Commvault を使用すると、クラウドベースのメール機能であるMicrosoft Office 365 を最大限に活用することができます。弊社は、Microsoft Gold Certified パートナーであり、さらに 2014 Microsoft Server Platform Partner of the Year Award 受賞者として、Microsoft と緊密に連携して付加価値のあるソリューションの開発とテストを行っています。 弊社の Microsoft Office 365 サポートは、容易な検索機能、継続的な可用性、使いやすいセルフサービスを提供することで、データを効率的にアーカイブし、かつ、規制要件とコンプライアンス要件も満たすことができます。

クラウドを存分に活用

事実上、上限のないクラウド ストレージは、企業のメール アーカイブにとっては大きなメリットですが、アクセシビリティ、プライバシー、管理への懸念は拭えず、一部の組織は二の足を踏んでいます。弊社のデータ管理プラットフォームでは、貴社のアクセスやプライバシー、その他、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドなどのプライバシー ニーズを最も効果的に満たす、どのようなクラウド アプローチでもお選びいただけます。ビジネス ニーズの変化に対応する柔軟性と、その変化に合わせて拡大/縮小するスケーラビリティを獲得してください。

会議中に微笑む女性
メール アーカイブのシンプル化 貴社のニーズに合ったソリューションを見つけて、Commvault のメール アーカイブ ソリューションのご購入方法を確認してください。