教育

Commvault の統合型データ管理プラットフォームにより、教育機関はデータの使用、保存、共有、保護を簡単かつ経済的に行うことができます。

ブランド矢印

教育機関向けのデータ管理

Commvault のソフトウェアは、初等、中等から短大、大学に至るまで教育機関が、増加するデータの使用、保存、共有、保護を容易にかつ経済的に行うことを可能にします。

高等教育機関向け


微笑む男性

集中管理と部門別の自立

今日、多くの短大や大学が、コストを抑制し、インフラストラクチャの使用率を最大限に高めるための手段として、データ環境を一元化し合理化する方法を模索しています。 ところが、データの作成者が、部門や個人で行った何年分もの貴重な研究結果を顕在化させることに積極的であるとは限りません。 Commvault のソフトウェアは、情報そのものは所有者の管理下に置いたまま、データを安全にセキュアに保つシームレスなバックアップ/リカバリ機能により集中管理のデータ量計測とレポーティングを可能にすることで、理想的な中間点を見出します。


ビッグ データ向けのシンプルなソリューション

技術発展に伴い、研究データセットのサイズの増大に拍車がかかっています。この傾向は、ゲノミクスやロボティクスなどの分野で特に顕著です。 Commvault は、直感的に操作可能な検索/インデックス化機能を使用して、ビッグ データを、さらには “ダーク” データまでも戦略的資産に変えると同時に、使用可能なストレージ容量を最大限に活用することによって、継続的にコストを抑制することを可能にします。また、私たちのソフトウェアは、法律上の要請事項に対応するうえで必要となる情報を正確に特定できるため、eディスカバリー要件を効率よく満たすこともできます。


微笑む男性

容易なライフサイクル データ管理

ストレージ、バックアップ、アーカイブ、リカバリがひとつのソリューションに統合されているので、データの全体像をそのライフサイクル全体にわたって把握できます。 Commvault のソフトウェアを使用すると、データのアクセス、検索、使用を常に可能にします。 学期の終わりには、学生の記録やデータのうち、どれを保持する必要があり、どれを削除できるのかを容易に特定することができ、貴重なストレージ容量を解放することができます。Commvault のソフトウェアは、アプリケーション全体のバックアップとリストアも可能です。


IT as a Service (ITaaS) のサポート

多くの大規模教育機関では、IT 部門が技術担当者から本格的なサービス プロバイダーへと成長し、プラットフォーム、インフラストラクチャ、アプリケーションをサービスとして組織全体に提供するようになっています。Commvault は、セルフサービスとクラウド サービスを可能にし、サービス レベル合意書 (SLA) をサポートして、新しいワークロードをニーズの変化にシームレスに適合させることにより、この新しい役割をIT 部門にとって容易なものにします。IT 部門はCommvault のソフトウェアを使用して、クラウドへのデータやクラウドからのデータを簡単に移動したり、Gmail や Office 365 をはじめとしたメールや生産性向上のためのクラウド アプリケーションを教育機関全体に実装することもできます。


初等、中等教育機関向け


統合とクラウド

Commvault の単一プラットフォームの統合データ管理アプローチは、初等および中等教育機関が、IT インフラストラクチャを統合して大量のデータを処理し、リスクを最小限に抑えながらクラウドを活用し始めることを可能にします。これにより、効率的でセキュア、かつ柔軟な IT 運用が実現し、急速に増大するデータ ストレージ需要に対応できるため、コスト削減につながります。Commvault のソフトウェアを使用することで、データと重要なアプリケーション、データベース環境を常に保護し、使用可能な状態に保つことができます。