法務

Commvault の単一プラットフォームはあらゆるデータをコントロール下に置き、eディスカバリー要求への迅速かつ正確な対応や、早期訴訟案件評価や訴訟ホールドの実行を可能にし、同時に、コスト、リスク、暴露を抑えることができます。


利害関係者に必要な能力と権限を付与

今日、法人弁護士をはじめとした法務関係の利害関係者は、効率性を向上させる一方で、企業データの爆発的な増加に伴うリスクのコントロールを求められています。 これを実現する際は、eディスカバリーおよびガバナンス要求への対応に関連したコストと複雑性を低減する必要もあります。


データ管理アプローチの統合

Commvault ソフトウェアは、単一プラットフォームアーキテクチャなので、再現性に優れ、訴訟に対する備えが万全なソリューションです。 法務部門は、各業界のさまざまな主要コンテンツを対象に、セルフサービスでシンプルに検索が行えます。 電子保存情報 (ESI) はすべて一元管理されるため、リスクの低減につながります。 また、Commvault ソフトウェアには訴訟ホールド、レポート作成、暗号化、重複排除などの機能が組み込まれているため、社内とサードパーティの両方のコストと複雑性を大幅に削減することが可能です。


事業継続性の向上とリスクの低減

デジタル資産の保護、管理、アクセスに Commvault ソフトウェアを導入すると、法務部門は下記を実現することができます。

  • 全 ESI にセルフサービスでアクセスでき、IT 部門の手を煩わせることなく法律上の要請事項に対応できる
  • 早期訴訟案件評価 (ECA) の準備を進め、訴訟プロセスの早期段階で訴訟案件の戦略を立てることができる
  • 訴訟期間中に割り当てられたタスクが適切なリソースによって実行されるよう、役割ベースのワークフローを実行できる
  • 開示対象データの安全を確保して保存し、ワンクリックの Federated Legal Hold を使用して文書毀棄を防ぐことができる
  • データをすばやく容易に選択して、開示対象/秘匿特権の有無を確認し、各項目に適宜マークを付けることで、第三者審査のコストを削減できる
  • 評価結果を適切な電子フォーマットで社外または相手方弁護士にセキュアに配布できる
  • 真正性と証拠保管の継続性を証明するための詳細なレポートを提供できる
保持したデータから価値を得る