Cisco

Cisco コンバージド インフラストラクチャのための包括的なデータ管理と保護

今日のビジネスは、大量のデータの管理をシンプルにするだけでなく、そのデータを戦略的資産に変える技術を必要としています。Commvault は、Cisco と共に、この両方を実現する包括的なデータ管理ソリューションを提供しています。Commvault は、基幹業務アプリケーションとデータベースを保護するインテリジェンス、ライフサイクルを通じて仮想マシンを最適化するためのスケーラビリティと自動化、さらにクラウドベースの Backup-as-a-Service (BaaS) の効率性を上げる ソリューション設計ガイド Cisco Validated Design (CVD) を用いて、Cisco 上で稼動しているビジネスがデータ管理と保護の目標を容易に達成できるよう支援します。

Cisco インフラストラクチャに Commvault が選ばれる理由

Commvault と Cisco は、パフォーマンス、柔軟性、信頼性を提供します。

  • バックアップ、アーカイブ、リカバリのシンプル化: 物理と仮想の両環境のアプリケーションとデータを保護し、そのすべてのデータが保存されている場所を管理します。しかも、ひとつのインデックス、ひとつのインターフェースで行えます。
  • クラウドの実装を加速化: BaaS 用 Cisco-Validated Design (CVD) を用いて、クラウドベースのデータ保護を迅速にデプロイします。
  • データ量の急激な増加を管理: ソース側のグローバル重複排除で冗長データを排除し、ストレージおよびネットワーク インフラストラクチャを最大限に活用します。
  • 基幹業務アプリケーションとデータベースを保護: 組み込みのアプリケーションとデータベース インテリジェンスにより SAP、Oracle、Microsoft SQL Server、Microsoft Exchange などを保護し、バックアップ ウィンドウの短縮、パフォーマンスの向上、コストと複雑性の削減を可能にします。
  • 仮想化の活用: Commvault の高度な仮想マシン プロビジョニング、バックアップ、アーカイブ、リカバリ、およびライフサイクル管理ツールは、複数のハイパーバイザーとクラウド プラットフォームに、拡張性のある効率的なデータ保護を提供します。
  • 現実的で効率的なディザスタ リカバリの確保: ワークフロー自動化ツールとプロセスは、リカバリに要する時間を短縮し、ビジネス リスクを軽減します。

Cisco UCS のためのオールインワン ソリューション

インフラストラクチャがどんなに多様化しても、データの可用性とアクセス性を確保します。 Commvault は、Cisco Unified Computing System (UCS) を通じてワークロードとデータを処理するあらゆるコンバージド環境に対応した包括的データ管理を提供しています。 私たちのオールインワン ソリューションは、単一目的の複数のアプライアンスの必要性をなくし、バックアップ、リカバリ、スナップショット、アーカイブ、eディスカバリーなどをひとつのソリューションにまとめることができ、管理、ストレージ、インフラストラクチャのコストを大幅に削減します。

Cisco UCS は、市場をリードするいくつものソリューションにコンピュート機能を提供しています。 Commvault は、これらのソリューションの多くと長期パートナーシップを結び、密接に統合することで、お客様がコンバージド環境から最大限に価値を引き出せるよう支援します。Commvault だけが、さまざまなストレージ アレイ プロバイダーに対し、スクリプトを作成せずにアプリケーションと整合性のあるハードウェア スナップショットを管理することができます。Commvault は、NetApp FlexPod、Pure Storage による FlashStack、Nimble Storage による SmartStack ソリューション、VCE Vblock、EMC VSPEX などのアレイに対応しています。また、私たちのオールインワン ソリューションは、すべての主要なハイパーバイザーと、Microsoft Azure、Amazon Web Services など 20 を超えるパブリック クラウドのトップ プロバイダーとの統合により、プライベート、ハイブリッド、パブリックの各クラウドにまでシステムを拡張することができます。


ハイパー コンバージド インフラストラクチャの課題に対応

通常、Cisco HyperFlex などのハイパー コンバージド インフラストラクチャを保護するには、複数のソリューション、手作業のスクリプト、ハイパーバイザー レイヤーの詳細な知識、インフラストラクチャ自体と同様に簡単にすばやく拡張できる機能を必要とします。Commvault を使用すると、Cisco HyperFlex の仮想クラウド インフラストラクチャに存在するデータ、ワークロード、アプリケーションの保護とリカバリが容易になります。私たちのソリューションは、自動化、柔軟性、拡張性、高度な VMware 統合をもたらし、お客様がこのパワフルなプラットフォームを最大限に利用できるよう支援します。

あらゆる規模のデプロイに対応するリファレンス アーキテクチャ

私たちは小、中、大、特大というさまざまな規模のリファレンス アーキテクチャをご用意し、Cisco USC 環境用に最適化された Commvault ソリューションの購入、互換性の確認、導入という一連のプロセスからあいまいな推測をなくします。つまり、よりすばやく、より少ないリスクで導入することができます。

Cisco UCS を使用した、テストおよび事前検証済みの弊社のリファレンス アーキテクチャは、あらゆる規模の IT インフラストラクチャを対象とし、拡張機能で 200 TB を超えるバックアップを 4U のフォーム ファクターに保存することも可能です。ドライブを既存のストレージ サーバーに追加することで、簡単に拡張できます。また、1 つのサーバーがいっぱいになったら別のサーバーを追加するだけで済むため、最大 1 PB までデータ量を増大することが可能で、すべてをひとつのコンソールで管理できます。


クラウドへのバックアップ/リカバリを加速化

クラウド サービス プロバイダーがクラウドベースのバックアップ/リカバリへサービスを拡大できるよう、Commvault のデータ管理ソフトウェアを基盤とした Backup-as-a-Service (BaaS) 用 Cisco Validated Design (CVD) ソリューションを共同で作成しました。私たちの CVD for BaaS は、クラウド内とリモートの BaaS ユース ケースをどちらも対象としているので、プロバイダーの仮想プライベート クラウドにエンド カスタマーの物理/仮想サーバーをバックアップし、リカバリできるソリューションを展開するための設計テンプレートをクラウド プロバイダーに提供します。

BaaS 用Cisco Validated Designを使用すると、クラウド プロバイダーは次のことが可能になります。

  • バックアップ インフラストラクチャの複雑性とコストを低減します・
  • マルチテナントの仮想プライベート クラウドまたはパブリック クラウド機能をサービスとして利用することを可能にします。
  • BaaS ソリューションの構築にテスト済みの実績あるアーキテクチャを使用することで、市場に出るまでの時間を短縮し、投資利益率を増加します。