MongoDB

Commvault は、MongoDB 環境をシンプルにし、単一プラットフォームでバックアップ/リカバリ、アーカイブ、レポート、自動化のすべてのニーズにお応えします。

大量のデータと多数のユーザーをサポートするための高可用性は、MongoDB 環境に依存します。つまり、高速で強力なリカバリ機能とリストア機能に加え、MongoDB インフラストラクチャを管理する効率の良い方法が必要になります。Commvault なら、効率の良い自動保護とグラニュラー リカバリで、コストの削減、パフォーマンスの向上、リスクの低減を支援することができます。


柔軟なリカバリ オプション

iPad を使用する女性

扱うデータの量が膨大になると、さまざまな選択肢が必要になります。Commvault を使用すると、ファイル システム、データベース、シャード (クラスターの一部) など、複数のレイヤーでリカバリすることができます。また、正しいリカバリ ステートを確保し、データ消失のリスクを軽減していると確信することができます。Commvault のプラットフォームは、シャードを設定したクラスターのデプロイにもネイティブに接続し、クラスターがどのように動作しているのかの洞察を得ることもできます。単にデータベースをリカバリすることも、そのノードのデータベースと個々のファイルシステムをリカバリすることも可能です。

Mongo テクノロジーを強力にサポート

Commvault は、バックアップを小さく軽量に保つ mongorestore テクノロジーをサポートしています。mongodump を利用することで、省スペースと高速リストアが実現します。そして、手作業に比べ、デプロイメントをずっと高速にロールバックできます。

オフィスで微笑む女性

環境全体を容易にリストア

電車で iPad を使う男性

MongoDB インフラストラクチャの規模を考えると、精度、柔軟性、グラニュラリティが重要です。 Commvault プラットフォームを使用すると、バイナリ ファイル ダンプを生成し、それらをリストアしてインデックス化し、本番環境のアップデートをすばやくロールバックしてデータをリストアすることができます。また、クラスターの特定のノードからデータを取得して、そのインスタンスをバックアップし、それをディスクにダンプしたり、特定のノードをリストアしたりできます。そのバックアップ データは、他のクラスターに反映できます。サーバーで異常が発生している場合は、それらのサーバーをクラスターから排除し、確認できている最新のビルドにすばやく簡単にリストアできます。