クラウド データ管理

アプリケーションとデータのクラウドへの移行に対処する

包括的なクラウド データ管理は、クラウド内にあるデータの移動、管理、利用に役立ちます。 より多くのクラウドが使用されると、組織のユーザーがいつクラウド ストレージを使用し、いつ SaaS アプリケーションをデプロイしているか把握できない場合があります。 クラウド データの柔軟性とアクセス性の実現も、同様に難しい問題です。 

ファイル、アプリケーション、データベース、ハイパーバイザー、複数のクラウド間でデータを管理する必要があります。 そして、これらはすべて、セキュリティ、コンプライアンス、データ バックアップの要件を満たす必要があります。 クラウドとオンプレミスのデータを効率的に管理するにはどうすればよいでしょうか。

クラウドとオンプレミス間のデータ管理

複数のクラウドと、それに対応するデータをサポートすることはやっかいな問題です。 個々のポイント ソリューションで複数のクラウドとオンプレミスのデータの管理をしようとすると、IT に面倒な問題を引き起こします。単一の包括的データ管理プラットフォームで、ポリシー、データ保護、コンプライアンスを管理し、これによりIT 作業を合理化するためのコントロール、柔軟性、自動化を手に入れる必要があります。

81%

の IT リーダーが、クラウドに進出する機会を失っていることについて、きわめて、または非常に懸念しています。
「2017 Executive Cloud Survey: What IT Leaders Are Worried About」をお読みください

クラウド データ管理の統合:
単一プラットフォームからのデータの移動、管理、利用 

Commvault は、オンプレミスとクラウドの間でデータを移動、管理、利用するための、ひとつのデータ管理プラットフォームを提供します。 ファイル、アプリケーション、データベース、ハイパーバイザー間や、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、Oracle Cloud などのクラウド間でデータを完全に管理することができます。 1 つのプラットフォームで、データのバックアップ、リカバリ、管理、e ディスカバリーのための包括的な機能を提供します。 

データの移動

データセンターをシームレスにクラウドに拡張します。

データの管理

データの包括的なビューで、IT のアジリティを解き放ちます。

データの使用

より戦略的で顧客にフォーカスしたビジネスを実現します。

2020 年までに、大企業の組織の 30% 以上において、新しい IT の取り組みにおけるクラウド オンリー以外の戦略は、正当な理由が必要になります。1

Commvault データ管理プラットフォームが、IT 目標をどのようにサポートするのかご覧ください。

ハイブリッド IT

クラウドへのデータの移行はデジタル変革の重要な第一歩であり、すぐに利点が明確になります。 オンプレミスやプライベートまたはパブリック クラウドで両方のデータを管理するハイブリッド IT 手法を採用すると、ビジネスの戦略性を高めるのに役立ちます。 デジタル ビジネスの需要に応じて俊敏に対応できる、アクセス性、効率性、柔軟性の高いクラウド ストレージでデジタル変革戦略をサポートします。 

さらに詳しく見る >

ディザスタ リカバリ

より低いコスト、労力、リスクでディザスタ リカバリ (DR) のテストと DR を自動化します。 Commvault ソフトウェアでは、自動クラウド プロビジョニングにより、ウィンドウを分離して DR テストを開始できます。 DR の際には、プッシュボタン プロセスによりクラウド ストレージ、データ、ポリシーが起動されます。 そして、ひとつのクラウド内、複数のクラウド リージョン内、またはパブリック クラウドにまたがったクラウド プロバイダー間の DR を提供します。 

さらに詳しく見る >