包括的情報ガバナンス

リスクを最小限に抑え、ビジネス価値を達成し、位置情報要件を満たす

ほとんど決まり文句になっていますが、データは今日の組織に欠かせない血液のようなものです。 データには、競争上の優位性、効率向上、収益増加をもたらす可能性があります。 このようなチャンスを目にした企業は、以前にも増してより多くのデータを収集し、生成し、さらに多くのデータを手に入れようとしています。 しかし、データが増えれば有利になるとは限らず、しかもすべてのデータが良質であるとも限りません。 データが原因で組織が大きなビジネス リスクにさらされるという最悪のシナリオも考えられます。


データのコントロールを自らの手に取り戻すには

データ管理に役立つさまざまなツールがありますが、これらの特別なポイント ツールは、単一のビジネスまたは業務上の課題に対処することを意図して設計されています。その結果、これらのツールを使用することで、包括的かつ戦略的な情報ガバナンス プログラムの実施がかえって難しくなり、不可能になることすらあります。

必要なのは、複雑性を排除しデータを包括的に管理できるようにする情報ガバナンスに対する戦略的アプローチであり、それによって、変化するビジネス要件と規制環境に対応できるようになります。そこで Commvault の出番です。Commvault なら、情報のガバナンスがシンプルになり、リスクの排除に役立ちます。 Commvault は、詳細な保存プロセスと検出機能を連携させるポリシー駆動型のルールを使用して、ビジネスの生産性やパフォーマンスを妨げることなく、情報ガバナンスと情報コンプライアンスを徹底します。

微笑む女性

データのコストとリスクを低減

組織は、規制対象データを適切に保存し保護しなければなりません。でなければ、巨額の罰金を科されることになります。 これは、データが企業のデータセンターの外部に保存されている場合にその重要性を増し、その場合 には地域情報とデータ主権 に関するルールが必ず適用されなければなりません。 同様に、企業は訴訟に関係する可能性があるデータを保持する必要があります。 そのようなデータを提示できない場合、その代償は罰金のみに限定されず、第三者がデータを審査または調査するためにかかった追加コストも含まれ、刑事責任を問われる可能性すらあります。 情報ガバナンスに包括的なソリューションを使用することで、データ管理の総コストを削減しながら、多額の費用を招くおそれのあるリスクと企業の問題の発覚を低減できます。

適切な情報ガバナンスは、企業がどのデータを保持し、どのデータを廃棄する必要があるかを判断するのに役立ちます。それにより、関連情報が保持され検索可能となり、規制要件に準拠するための保存ポリシーが確立されます。

すなわち、適切な情報ガバナンスにより、組織は適切な情報を適切な理由で適切な期間、確実に保持し、それ以外の情報を適切かつ法令に準拠した方法で確実、安全に廃棄することができます。 Commvault があれば、お客様はデータに対する理解を深め、情報ガバナンスを独自の条件に従い実施できるようになります。 自社データについてより深い洞察を得ることで、自社のビジネス要件を最も満たすように定義したポリシーと規制に基づいて、インテリジェントなデータ保持を実現するために必要な、より賢明な戦略的意思決定を下すことができるようになります。

データ保持とコンプライアンス

保存したデータから価値を得る データの真の価値は、そのデータで何ができるのかにあります。Commvault の単一仮想コンテンツ レポジトリを使えば、ビジネスの遂行に必要な情報のインデックス化、アーカイブ、検索がより簡単になり、保存したデータを戦略的ビジネス資産に変えることができます。

ビジネス価値を実現

今日、データが存在する場所とその形式は多種多様です。 メール、基幹業務アプリケーション、ファイル共有、SaaS アプリケーションなど、いずれにも独自の隔絶されたデータ領域(データ サイロ)があり、それらのサイロは個別に管理/保護/運営され、コスト、複雑性、コンプライアンス リスクを増大させています。 包括的情報ガバナンスとデータ プライバシーを確保するため、IT 組織は統合型アプローチを必要としています。 このアプローチは、データがオンプレミスとパブリック クラウドのどちらにあるかによらず、あらゆるデータを単一の包括的ソリューションで運営、管理、保護します。 さらにこの統合型ガバナンスは、複雑性やコストを増大させたり、データ プライバシーを危険にさらしたりすることなく、簡単に管理し、維持できなければなりません。

微笑む男性

効果的な情報ガバナンス戦略を実現するため、Commvault はこれらの多様なデータ サイロを単一の包括的ソリューションに組み込み、これを「ContentStore」と呼んでいます。 ここで、バックアップ保護されアーカイブされたデータは統合され、リソースとインフラストラクチャを無駄に消費する非効率的で冗長なデータ管理プロセスは排除されます。 しかし、これがすべてではありません。 インテリジェントなインデックスを使用する ContentStore は、ビジネス ユーザーが必要とする情報にいつでもどこでもアクセスできるように、すべてのデータに視野の広い価値認識をもたらします。 その結果、ビジネス情報がすぐに手に入る、規制に準拠したセキュアな情報戦略が確立され、生産性の向上、コラボレーションの推進、よりスマートな意思決定を実現できます。

今日のデータの範囲と多様性を鑑み、情報ガバナンスは必須と言えます。 Commvault はガバナンスを可能にするだけでなく、簡単にします。どのようなアプリケーションが使用されるのか、データがどこにあるのか、オンプレミスかクラウドかは問いません。