データ ガバナンス

ハイブリッドな世界でデータを管理する

"クラウド" という概念は、以前はシンプルでした。 ほんの何年か前は、ある 1 つの特定の目的に対して、1 つのクラウドを使用していました。 しかし、それもすっかり、昔の話になりました。 ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの時代へようこそ。

コストを削減し、柔軟性を高め、新たな要件に対応するためにビジネスの能力を高める動きに後押しされて、今日、運用されているクラウドは、以前とは別物のようになっています。 現在は、1 つのクラウドから多数のクラウドへと数を増やしただけではなく、複数のハイパーバイザーが複数のクラウドに散在した状態で、さまざまなパブリック クラウドとプライベート クラウドを混在して運用しています。 これは、調整や管理が非常に困難で、複雑なクモの巣状態です。

漏洩ポイントが複数あるマルチクラウド

効果的なデータ管理と保護の対策は、マルチクラウド、ハイブリッドクラウドの世界では、とても重要です。 しかし、これらすべてのクラウドへ、クラウドから、そしてクラウドの間で多くのデータが行きかう中、そのすべてを追跡し、コンバージョン、統合、移行を管理し、すべてにポリシーを適用することは、深刻な頭痛の種を作ります。

それでも、すべてのデータがどこにあるかを把握し、ビジネスに対する価値を理解し、適切にポリシーを適用することはとても重要です。 そしてそれらを、間違いのないように適切に実施する必要があります。 ポリシーの適用を 1 つでも誤ると、重要なデータが、重複、盗難、破損の危険にさらされやすくなります。

44%

調査対象となった組織の半分ちかくが、重要なビジネス決定を行うためにデータを信頼していると回答しています。1

必要とされる柔軟性。要求されるデータ保護。

Commvault のデータ管理プラットフォームは、すべてのハイパーバイザーとクラウド プラットフォームに対しデータ ガバナンスとリカバリをシンプルにし、柔軟性のある保護戦略を実装することを可能にします。 複数のハイパーバイザーとクラウド環境に対し、1 つのツールセットをだけで、ポリシー管理をシンプルに行なうことが可能で、インフラストラクチャへさらに多くのコンポーネントを追加する場合も対応可能です。 このツールセットに、ハイパーバイザーをネイティブに組み込んでいるので、プラットフォーム間でのデータの移動、移行、変換が簡単に行なえます。 さらに、スナップショット機能を非常に数多くのストレージ ベンダー、オペレーティング システム、アプリケーションと統合しているので、スクリプトの作成やその他の手作業による労力を軽減することで、データを迅速にリカバリし、組織の RTO 要件と RPO 要件を守り、複雑さを抑制することができます。

急速に変化するマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの世界に適応するために、堅固なハイパーバイザー サポートが組み込まれています。

ハイパーバイザーとネイティブに統合することで、プラットフォーム間のシームレスでエージェントレスなデータ管理を実現。

大規模なグラニュラー リカバリもサポートするスナップショット管理。