データの仮想化

データはあらゆる場所にあります — それを、保護、監視、管理することができますか?

ビジネスの成長は、データのワークロードが増すことを意味します。 そしてそれは、さらに多くのストレージ、仮想マシン、アプリケーションを、インフラストラクチャへ加えることを意味します。 その結果、一度はコントロールされていた環境が、まったくコントロールされなくなってしまいます。

仮想化は、データとアプリケーションの急増に対応する、強力で柔軟性がある方法を提供します。しかしながら、 プライベート クラウドとパブリック クラウドというハイブリッド環境においては、仮想サーバー、ストレージ、アプリケーションを作成し、デプロイすることは、さまざまな独自の課題を生み出すことも意味します。

複雑さと VM の数が増すとリスクも増す

まずはじめに、それぞれの仮想環境は互いに大きく異なる可能性があります。そのため、そこに含まれるデータを、さまざまな手段で検出、分類、保護、そしてリカバリする必要がでてきます。 つまり、複雑さが増すだけで、データの保護により多くの時間をかける必要性が生じ、ビジネスの成長を支援するための時間が少なくなります。

さらに、知っている VM と知らない VM の両方に、取り組む必要があります。 知っている VM にあるデータを保護することは、難しくありません。 しかし、IT のコントロール外で作成されたものについては、別の話です。 データの背後にあるポリシーはほとんど関心が払われず、そのほとんどは、ガバナンスも保護もない状態にあります。 つまり、知らずにデータが重複していたり、うっかりデータを損失してしまったり、さらに悪い状況にさらされるリスクもあります。

85%

の企業は、現在、マルチクラウド戦略です。1

仮想データ。包括的コントロール。

Commvault は、ハイブリッド インフラストラクチャにおいて、データのより効率的な保護、監視、管理を可能にします。 また、VM がどこにあるかに関係なく、 迅速なプロビジョニング、リカバリ、ライフサイクル、変換を行い、データ保護ポリシーを VM へ適用することができます。 単一の拡張性のあるコード ベースで組み込まれたソフトウェアによって、リスクの高いスタンドアロン ポイント製品を排除し、データのサイロ化の排除、冗長なインフラストラクチャの回避、VM スプロール現象の抑制を行うことができます。

最後に、Commvualtは、VMWare、Microsoft Hyper-V、Amazon AWS、Microsoft Azure、Oracle Public Cloud、Citrix Xen等とパートナーシップを結んでいるので、お客様は仮想インフラストラクチャの価値を最大限に生かすことができます。

データの保護

データセンターをシームレスにクラウドへ拡張します。

データの監視

データの包括的なビューで IT のアジリティを解き放ちます。

データの管理

より戦略的で顧客にフォーカスしたビジネスを実現します。

Commvault のデータ管理プラットフォームが、お客様の仮想環境の保護、監視、管理にどのようにお役に立てるか、詳細をご覧ください。

ハイブリッド IT

お客様が最初に基幹業務システムをハイパーバイザーへ移行し始めたときは、ビジネスの俊敏性とコスト効率を高めることが目標でした。 クラウド インスタンスを起動すると、データはハイブリッド インフラストラクチャに置かれるようになります。 VM データは、パブリック クラウドを含む複数のハイパーバイザーにわたって、保護、監視、管理が行われる必要があります。 従来の方法では、複数のツールが必要となり、コストと複雑さが増します。 より優れた方法は、効率を最適化するために、すべての VM とクラウド データ管理を、単一のプラットフォームにまとめることです。

さらに詳しく見る >

データ ガバナンス

ポリシーを適用し、重複、盗難、破損を避けるために、すべてのデータがどこにあるかを知ることは、とても重要です。 Commvault のデータ管理プラットフォームを使うと、すべてのハイパーバイザーとクラウド プラットフォームに対し、データ ガバナンスとリカバリ作業の両方が簡素化され、柔軟性のある保護戦略を実装することができます。

さらに詳しく見る >

IT の効率性

VM の数が増えると、管理の負担が大きくなっていきます。 Commvault は、わかりやすいインターフェースを使用してシンプルなデプロイを可能にし、より広範囲なユーザーに対し日常の操作を簡単にします。保護プロセスやリカバリ プロセスだけではなく、管理、監視、レポートの作業も合理化することができます。

さらに詳しく見る >

ディザスタ リカバリ

システムがダウンした場合は、業務オペレーションを迅速にリストアし、最新データへのアクセスを再び確保し、サーバー、クラウド、エンドポイント クライアントに対しリカバリを実行する必要があります。 Commvault の標準搭載のレプリケーション、オートメーション、オーケストレーション、アラート、レポート機能により、実際の DR シナリオの実行だけでなく、DRのセットアップやテストも効率よく行なうことができます。 オンプレミス、クラウド、仮想環境へのリカバリも行なうことができます。

さらに詳しく見る >