ディザスタ リカバリ

複雑な環境での高速なリカバリ

ディザスタ リカバリと、何がリスクにさらされているのか (ビジネスの損失と評価の低下の可能性) について再考してみてください。 オンプレミス、クラウド、仮想環境に対しデータの包括的なディザスタ リカバリを行えることはビジネスにとって不可欠です。 堅実なディザスタ リカバリ戦略があれば、ランサムウェアや GDPR などの新しい課題に対する対応を図るうえで役立ちます。

リカバリをしようとしているのは、従来の環境のデータやアプリケーションだけではありません。 オンプレミスとクラウドにある関連のワークロードも対象です。 仮想マシン、物理サービス、アプリケーション、エンドポイントについても考慮する必要があります。

  • リカバリ時間は重要です。 現在のポイント ソリューションでは、データ リカバリにどれだけ時間がかかりますか。
  • リカバリ 時点も重要です。 リカバリに必要な最新のデータがありますか。
  • コスト効果の高い方法でリカバリが可能ですか。

自動化され、セキュアで効率的なディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリの労力、リスク、コストを低減するには、包括的なアプローチが必要です。 問題が発生した場合に備えて準備ができている必要があります。 自動化とオーケストレーションによりプロセスを合理化する必要があります。 どのデータが影響を受け、そのデータがどこにあるか確認する必要があります。 ディザスタ リカバリの訓練には IT 効率が不可欠です。

ディザスタ リカバリの時間、労力、頭痛の種を減らせるとすればどうでしょうか。

42%

のCommvault クラウドのお客様が、ディザスタ リカバリをクラウドに移行しています1

クラウド データのディザスタ リカバリ

Commvault を導入すると、オンプレミス、クラウド、仮想環境に対しコスト効果と信頼性の高いディザスタ リカバリが実現します。 標準搭載のオートメーション、オーケストレーション、レプリケーション、アラート、レポートにより、テストの際も、実際のディザスタ リカバリ シナリオにおいても、ディザスタ リカバリをより効率的に実行することができます。 Commvault は、単一プラットフォームで下記を実現します。

  • フェイルオーバー、フェイルバック、テスト、リカバリ後の構成を含めて、ディザスタ リカバリ操作を合理化、自動化します。
  • 複雑であまり発生しないディザスタ リカバリのシナリオのオーケストレーションを行い、人為ミスや手作業による介入を減らします。
  • 複数の明確なビジネスとアプリケーション要件に合わせてリカバリ目標を設定し、コストを最適化します。
  • 時間の経過とともにワークロードが大きくなっても、きちんと保護することができます。

不可欠な機能

オンプレミスとクラウドにあるアプリケーションとデータのリカバリ。クラウドは、クラウド間のリカバリと。クラウドからオンプレミスへのリカバリに対応することが必要です。

 

ディザスタ リカバリ ワークフローをアプリケーション層まですべて自動化します。

単一のインターフェースから複数プラットフォームのディザスタ リカバリを管理するためのコントロールと洞察を提供します。

SLA に妥協することなく、ディザスタ リカバリ データをコスト効果良く移動します。

 

「私たちのディザスタ リカバリ データセンターとクラウドに保存されたデータは、1 時間以内に稼働させることができます。」
- PFD Food Services CIO
導入事例: PFD Food Services

ディザスタ リカバリには今日における IT の最大の問題が含まれます。

ランサムウェア

ランサムウェア

アクティブ データがアクセス不可能になった場合、包括的なディザスタ リカバリが役立ちます。 データ、アプリケーション、ワークロードをリカバリして、ランサムウェアの攻撃にあった場合でもビジネスの運用を継続し、お客様の満足度を維持します。

さらに詳しく見る >

GDPR

GDPR

規則はすべてのデータに影響します。そして、GDPR はお客様のディザスタ リカバリ計画に影響します。確実に 規制を順守し、規則に準拠した個人データのみをリカバリする必要があります。

さらに詳しく見る >