IT 効率目標の達成

自動化とセルフサービスによる能動的なデータ管理

クラウドが約束する、コストや日々の業務の削減などのメリットにより、データとワークロードはオフプレミスへと移行され続けています。 しかし実際には、マルチクラウド/マルチハイパーバイザー環境全体にわたるデータ資産管理の複雑化は、達成した効率を脅かしています。 新しい技術革新は、より効率的な IT 戦略を実現するための新たなメリットや機会をもたらし、データや業務からさらに大きなビジネス価値を生み出します。 一方で、このような新しい技術革新の採用は、これらの革新的な改善によって得られた効率性を脅かす予期しないリスクや運用上のコストにつながる可能性があります。

運用負荷の軽減

コンバージド/ハイパー コンバージド インフラストラクチャに移行し始めると、バックアップ、アーカイブ、リカバリなどのデータ管理タスクにはインフラストラクチャのさらなる調整が必要であり、データ量は増大し、ビジネス要求と制約要件は増える一方だということにすぐに気が付きます。あるソリューションで、従来の IT インフラストラクチャ ソリューションと協業し、シンプルな単一のコンソールでコンバージド/ハイパー コンバージド インフラストラクチャも管理することが出来れば、何も妥協することなくあらゆる IT やインフラストラクチャでも採用できます。

Commvault が提供する単一の包括的ソリューションは、オンプレミス、パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウドの形態、また多様なタイプのインフラストラクチャ問わず、クラウドの効率性を改めて実現するだけでなく、インフラストラクチャ全体で運用上のオーバーヘッドを削減して、新たな効率性を実現します。 データ管理ソリューションは、今日の IT 環境で生じている数多くの変化や中断の中で、安全地帯の役割を果たし、 アーキテクチャやインフラストラクチャの選択や技術革新に影響されることなく、あなたに合った SLA とメリットをもたらさなければなりません。

ホワイトペーパーを読む: How to Achieve Efficient Data Protection in the Cloud Era (クラウド時代における、効率的なデータ保護の達成)

会議の進行役を務める女性

アクティブ データ管理

微笑む男性

今日のデータ管理は、データの保管場所によらず、データを管理、保護、リカバリする、完全に自動化されたエンド ツー エンド ソリューションを必要としています。 それと同時に、プラットフォームは、組織がクラウド戦略の真のメリットを認識し、クラウド リソースをスマートに管理できるものでなければなりません。 それはすなわち、自動化とセルフサービスの双方を能動的に提供する、強固に統合された単一ソフトウェア プラットフォームですべてのデータを管理し、リカバリすることで、組織全体の効率を高めることを意味しています。  

アジャイルになる – クラウドへの移行」をお読みください。


データ管理をシンプルに

リカバリ スクリプトを開発し、アプリケーションがクラウド間を移動するたびに追跡し、適切なリカバリ戦略を決定する作業は、時間がかかるうえに危険を伴います。 さいわいにも、別の方法があります。 Commvault ソフトウェアにその作業をさせましょう。

クラウド ストレージとクラウド上の処理の両方をネイティブにサポートする Commvault なら、データがどこにあっても保護することができます。 Commvault は、データ管理スペースを扱った最初のベンダーであり、ディザスタ リカバリのような主要なユース ケースのためにクラウド インフラストラクチャの管理を合理化するという特別な目的で設計された、クラウド オーケストレーションおよびプロビジョニング機能を提供しています。 また、業界で最も広範なベンダーに対してスナップショット管理機能を提供することで、重要なワークロードを制約なく管理するために必要なマルチベンダーに対応する柔軟性をもたらします。

強固に統合されたCommvault のプラットフォームは、技術的な詳細要件に対応し、クラウドのメリットを活かしながら厳しい RTO を満たします。 事前定義されたカスタム ワークフロー自動化 エンジンにより、あらゆるタイプのワークロードでディザスタ リカバリを安心して運用化できます。 また、包括的なレポート機能と標準搭載の分析機能が、正確な課金と利用統計調査に必要な、リソースの使用状況と達成率についての深い理解をもたらします

Five steps to go beyond efficient data
(効率的なデータの域を超えるための 5 つのステップ)