ハイブリッド IT

ハイブリッド IT のデータ管理の合理化

デジタル変革が進む中で、お客様のような企業は新しいアプリケーションやデータにクラウド ファーストの戦略を採用しています。 ハイブリッド インフラストラクチャにはデータ管理プラットフォームが必要です。 オンプレミス、パブリック クラウド、プライベート クラウド、仮想化インフラストラクチャ間で目的どおりにデータを移動、管理、使用するために、これ以外の方法で投資のメリットを得ることができるでしょうか?

お客様がハイブリッド IT 戦略を計画したときは、ビジネスの俊敏性とコスト効率を高めることが目標でした。 お客様はクラウドを加速し、インフラストラクチャ全体のワークロードとデータを移行しています。 企業のクラウド戦略では、ビジネスの成果を得るためにデータを移動、管理、使用する際に、クラウド データを保護して管理する計画を立てることが不可欠です。

ハイブリッド環境に分散されたデータへの対応

ハイブリッドでは、その性質上、包括的なアプローチが必要です。 あなたの重要なデータは、従来の場所と複数のクラウド プラットフォームの両方に存在しています。 複数の製品と、エラーが発生しやすい多くの手動手順を使用している場合、データの管理、統合、保護は非常に困難です。 ハイブリッド IT 環境でデータ管理を合理化するにはどうすればよいでしょうか。

68%

2020 年までに、クラウド ワークロードの 68 パーセントがパブリック クラウド データセンターに配置されます。1

単一プラットフォームでハイブリッド データ管理

Commvault を導入すると、ハイブリッド環境でのデータのプロビジョニング、移動、管理に、自動化されたオーケストレーション アプローチを利用することができます。 手動のプロセスや複数のポイント製品に伴う費用やリスクを低減できます。 ハイブリッド環境全体で共通したデータ ポリシーを採用し、ビジネスでデータのより戦略的なアクセスと使用が可能になります。 最終的には、お客様は従来の IT サービス センターから価値の高いデータを扱う最新のブローカーへの転換を加速させることができます。

自動化とオーケストレーション

プロセス フローを 一度定義したら、データ プロジェクト全体に一貫して適用します。クラウド移行の検証のためのプロビジョニングを実行します。

セキュリティ ニーズを満たす

さまざまなデータ タイプ間のポリシーをコントロールし、ネットワーク間を移動する前にデータを暗号化して、クラウド間でデータを移動する際のデータの盗難を回避します。

ネイティブでクラウド ストレージ統合の提供

ワークロード、バックアップ、アーカイブをネイティブに統合し、データをクラウドに移動します。

ワークロード、バックアップ、アーカイブをネイティブに統合し、データをクラウドに移動します。 「私たちはエンタープライズ インフラストラクチャをクラウドに移行していたため、エンタープライズ ツールが必要でした」- Harper Collins インフラストラクチャ マネージャー。
導入事例: HarperCollins