IT の効率性

あるものはシンプルに、あるものは複雑に

仮想化によって、ITでは物事が簡単になるはずでした。 ある側面では、そうなりました。 IT により、時間がかかる日常の数多くの作業から、解放されました。 そしてそのおかげで、チームは仮想化を活用して、ビジネスへ実際の価値をもたらす業務により多くの時間を割いて集中できるようになったのです。

しかし、VM や、それに含まれるデータが増え続けている状況で、VM を管理する作業を行っていると、"シンプルさ" は、現状とはかけ離れた考えのように思えます。 プロセスが複雑になると、非常に数多くの VM の保護と管理を行うには、時間のかかる手作業が中心の多くの作業を頻繁に行わなければならなくなります。 しかし、仮想環境が大きくなり、より多くのハイパーバイザー プラットフォームが含まれるようになり、ますますビジネスに不可欠な価値を持つ新たな VM が加わると、この複雑さは重大な問題になっています。

管理が複雑になるほど、失われる保護性

VM の監視と管理を行い、VM へポリシーを適用する時、使用環境の運用状況を深く理解することは必要不可欠なので、管理への負担を非常に大きく感じても不思議ではありません。 そのため、どのデータをどの SLA に従わせる必要があるかを知ることは、とても困難です。 故障しているのか、正常に動作しているのかを適切に把握することも大変になります。 これによって、最も必要な時に最も必要な場所へ修正を提供することが、非常に難しくなります。

そういったことが積み重なると、可視性、ポリシー、リカバリなどで過失が生じる可能性が大きくなります。 そして、VM とその VM に含まれるデータをリスクにさらしてしまいます。

75%

の IT の意思決定者は、管理効率を改善することが、単一のプラットフォームを利用する主な利点であると、確信しています。1

シンプルさを前面に押し出す

Commvault は、日々の運用をより簡単にするわかりやすいインターフェースによって、デプロイをシンプルにすることができます。 直観的なブラウザーベースのコンソールを使用して、今日、対処することを余儀なくされている複雑性のほとんどをシンプルにします。 保護プロセスやリカバリ プロセスだけではなく、管理、監視、レポートの作業も合理化することができます。 ビジネス要件とSLAに合わせた保護計画を作成して再利用することができるので、新しい VM に簡単にポリシーを適用し、定義したSLAを満たさないで稼動しているVMを簡単に見つけることが可能になります。 そして、管理者またはエンド ユーザーに、ゲスト ファイル、VM ファイル、ディスク、フル VM など、複数のリカバリ オプションから素早く選択してもらうことが可能で、それによりリカバリ時間を短縮し、コストを削減し、顧客満足度を高めることができます。

製品化までの時間の短縮と運用の負担を減らす直感的に操作可能な管理コンソール。

ビジネス ニーズに合わせたSLA 中心の保護計画。

管理コンソールから直接起動できる、強力なリカバリ オプション。

1 Datamation 社と CIO Insight 社による、大規模組織の 223 人の IT の意思決定者への調査