ディザスタ リカバリ (DR) ソリューション

自然災害、ハードウェア障害、情報漏洩、ランサムウェア攻撃などに遭った場合、迅速かつ簡単にデータをリカバリする必要があります。

Disaster Recovery Solutions
Commvault Disaster Recovery

Commvault Disaster Recovery のご紹介

オーケストレーション、自動化、検証可能なリカバリ機能を備えた使いやすいディザスタ リカバリ ソフトウェア ソリューションで、オンプレミス環境やクラウド環境での事業継続を実現します。

災害は誰にでも起こりますが、準備ができているかどうかはあなた次第です

データの重要性と価値が大きくなるにつれ、そのデータの保護とリカバリに備えることがかつてないほど必要になっています。自然災害、ハードウェア障害、人為的ミス、情報漏洩、ランサムウェア攻撃など、お客様のデータは常に脅威にさらされています。

迅速に、かつ中断を最小限に抑えてデータを復旧することが必要です。ディザスタ リカバリへの備えには以下が必要です。

Flexibility

柔軟性

データ、アプリケーション、仮想マシンをあらゆるプラットフォームからリカバリ

Efficiency

効率性

目標復旧時点と目標復旧時間 (RPO / RTO) でSLAを容易に満たす

Versatility

多様性

あらゆる種類の脅威からデータを保護

Simplicity

シンプルさ

拡張性の高い、ひとつのソリューションで高速リカバリ

Commvault® Disaster Recovery を試用する

30日間試用する

マルチクラウド統合、ワンクリック フェイルオーバー、マルチテナンシー サポート、ライブ レプリケーション、直観的なレポート機能により、Commvault® Disaster Recovery はデータの所在を問わず、全てのデータ環境の保護とリカバリを可能にします。ディザスタ リカバリの簡単さを実際にご覧いただけます。

ディザスタ リカバリ計画は完全ですか?足りないデータはありませんか?

Commvault ではディザスタ リカバリの様々な手法、最新のワークロードに対する様々なニーズ、お客様のディザスタ リカバリ計画を無事実施するための重要機能などをお客様とともに検討します。

IT ディザスタ リカバリに備え、データの安全性を確保しましょう。

もちろん、真の備えができていれば、バックアップ インフラが安全であることを確認することができます! Commvault の簡単で包括的なディザスタ リカバリ レディネス ダッシュボードは、うまく動作している所はどこか、改善が必要な所はどこかを表示します。この機能により、リカバリに影響を与える問題を迅速に解決することができます。

  • さまざまなデータの種類、アプリケーション、ハイパーバイザーのサポート
  • SLA (サービス レベル アグリーメント) を満たすために、複数の目標復旧時点 (RPO) をサポート
  • オンプレミス、パブリック / プライベート クラウド間で相互に DR ソリューションを展開
  • バックアップと DR を併せた SLA ベースのデータ保護プラン
  • DR 機能の統合:フェイルオーバー、フェイルバック、テスト、リバース プロテクション
  • システム コントロール、サイト、ストレージ層、ネットワーク強化による脅威の軽減
A problem with data availability can have a catastrophic impact on a research study

「データ可用性の問題は研究調査に甚大な影響をもたらす可能性がある」

– レスター大学、インフラストラクチャ システム スペシャリスト、マーク・ペニー

  • データ重複排除機能によって 100 万ポンドを節減
  • バックアップ成功率 96%
  • フル バックアップの所要時間を 4 週間から 6 時間に短縮

企業データ保護環境向けの簡単で、自動化され、迅速なディザスタ リカバリ ソリューション

ディザスタ リカバリ費用を削減する

複数の DR 階層を作り、SLAをより効率的に満たすことができます。ビジネス価値、RPO / RTO 要件に基づいてデータを割り当て、 オフサイト バックアップをサポートします。

  • ディザスタ リカバリ バックアップ インフラストラクチャの費用管理を向上
  • 複数のポイント技術ではなく、ひとつのソリューション
  • リカバリ階層とオフサイト バックアップを簡単に管理

どこにあってもデータをリカバリ

ミッション クリティカルなデータを確実に管理し、アクセスできるようにすることは、ディザスタ リカバリにとって非常に重要です。Commvault を使用することでオンプレミス、クラウド内、クラウドから、またはクラウド間でのリカバリが可能です

  • ハイパーバイザー内のデータとステートをリカバリ
  • 事業継続性 – データの再構築やデータの取り込みを行わずフル リカバリ
  • DRオーケストレーション機能: フェイルオーバー、フェイルバック、テスト、リバース プロテクション

ベンダー ロックインと典型的なコスト アップ要因を避ける

特定の施設、ハードウェアまたはハイパーバイザーへのディザスタ リカバリはコスト アップ要因となりえます。オンプレミスまたは複数のクラウド拠点からワークロードをリカバリするには柔軟性が必要です。 Commvault は、プラットフォーム間の自動フォーマット変換や、ディザスタ リカバリ タスクの自動化などを提供することで、ディザスタ リカバリ費用の削減をサポートします。

  • ハイパーバイザーであっても、ハイパーバイザーでなくても、どちらへでもレプリケーションとリカバリが可能
  • 一般的なディザスタ リカバリ タスクを自動化
  • 全体的なリカバリ準備の監視と管理

本番データの二次利用のためのプロビジョニング

セキュアに保護された本番データのコピーにアクセスできる Commvault® ソフトウェアは、以下のような二次利用のためのデータセットのプロビジョニング、マイグレーション、クローニング、プレゼンテーションを管理できます。

  • 開発 / テスト業務
  • 品質保証
  • Security testing
  • Disaster recovery
Disaster Recovery waits for no one

ディザスタ リカバリは誰も待ってくれません

Disaster recovery as a service

サービスとしてのディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリのためのアクション アイテム

これらのツールがどのようにお客様のディザスタ リカバリの目標にどのように適用されるか確認しますか?