Metallic

Cloud Storage Service

IT 組織が Commvault Backup & Recovery や HyperScale X 用のクラウド ストレージを簡単に採用できるようにする統合クラウド ストレージ ターゲットです – デジタル トランスフォーメーションを容易にし、コストの削減、リスクの軽減、無限の拡張性を実現します。

問い合わせる

クラウド化を容易に加速

Metallic™ Cloud Storage Service は、Commvault Command Center から、セキュアで拡張性の高いクラウド ストレージを数分で導入するための「簡単なボタン」であり、クラウドの専門知識を必要とすることなく、組織のハイブリッド クラウド戦略に対応します。

  • 利用開始が簡単
    他のベンダー管理を追加することなく、Commvault Backup & Recovery や HyperScale X と完全に統合可能です。
  • 保護が簡単
    ランサムウェア保護機能が搭載されていて、毎日のバックアップ、定型のデータ保持、アドホックなリカバリに最適化されています。
  • 設定が簡単
    数分で利用開始し、スキルアップや新しいエンジニアの手を必要とせず、手間をかけずにITオペレーションをモダナイズします。
  • 管理が簡単
    ひとつの Commvault インターフェイスを介した完全な可視性により、管理が大幅に簡素化され、予測可能なコストを実現します (隠れたコストはありません)。

究極のセキュリティでランサムウェアに備える

Metallic Cloud Storage Service は、階層型エアギャップ クラウド セキュリティに加え、Commvault 内で管理されたセキュアな制限付きアカウント アクセスとデータ分離機能を備えています。セカンダリ コピーをランサムウェアやその他の危険から守ることができます。

Metallic™ Cloud Storage Service で時間とコストを節約

Metallic™ Cloud Storage Service は、時間とコストを節約するシンプルな方法を提供します。高価なオンプレミスのストレージ インフラストラクチャから脱却し、予測可能なコスト、オーバーヘッドの削減、セカンダリ コピーのTCOを総合的に最適化したクラウドを採用することができます。

信頼できるリーダーシップが提供するクラウドのシンプルさ

Commvault と Microsoft の最高のテクノロジーを使用しながら、軽いCloud storage as a serviceをご利用いただけます。コントロールを保持し、予期せぬコストを回避し、セキュリティを向上し、デジタル トランスフォーメーションを加速させます。これは信頼できる簡単さです。Microsoft Azure 上に構築された Commvault のクラウドネイティブの SaaS は、クラウドで生まれ、経験に基づいて構築されています。

Commvault

Commvaultは、クラウド、仮想、物理環境向けのガートナーの「Critical Capabilities for Backup and Recovery Solutions 2020 Report」で最高評価を得ました。

Metallic

Metallic Cloud Storage Serviceは、Metallic。社の最新製品ですその他にも、SaaS ワークロードや、ハイブリッド クラウド、リモート ラップトップ/エンドポイントに SaaS データ保護ソリューションを提供しており、Commvault Command Centerに完全に統合されています。

*3ヶ月間無料でご利用いただけます。

HyperScale Xを購入すると、同容量のMetallic Cloud Storage Serviceが3ヶ月間無料になります。

無制限 & シームレスな拡張性

データが増加し、クラウド戦略が進化し続ける中でも、データが保護されていればお客様は安心することができます。Commvault は現在、エクサバイトを超えるデータをクラウドに書き込み、Azure ベースの Metallic Cloud Storage Service はパフォーマンスを下げることなく無制限の拡張性を提供しています。

クラウド はセカンダリ ストレージの新しいテープになる

セカンダリ バックアップ コピーは、企業が3-2-1ルールを実現することを可能にします。3-2-1ルールとは、3つのデータ コピーを持ち、2つの異なる場所に保管し、1つをオフサイトに保管することです。組織によっては、これが本当の難題になることがあります。ストレージの容量が不足していたり、テープがオフサイト ストレージのビジネス モデルに合わなかったりする場合もありますが、それでもリスクの軽減は必要です。オフサイト ロケーションとしてクラウド ストレージを使用すると、3-2-1バックアップ ストレージ ルールを満たすよう、仮想的にエアギャップで隔離された変更不可のデータ コピーを提供し、クラウド インフラストラクチャに保護機能を追加します。

Commvault Command Center

単一のビューでデータ環境全体を管理

Commvault Command Center™ は、データ保護とディザスタ リカバリの取り組みを管理するための使いやすく、高度なカスタマイズが可能な Web ベースのユーザー インターフェイスです。デフォルトの設定値と合理化された手順により、日常のデータ保護とリカバリ作業の時間を節約します。

Command Centerを使用してデータ保護環境を設定し、保護したいコンテンツを特定し、バックアップとリストアを開始して監視します。ダウンロード、フォーム、分析、監視、レポートなど、さまざまなコンポーネントに簡単にアクセスできます。また、ロールベースのアクセス制御により、セルフサービス用に制御された環境を実現し、管理者やITサポート人員の負荷を軽減します。

*諸条件

1. Commvault は、本プロモーションが利用可能な期間を含め、本プロモーションの条件を変更したり、本プロモーションをいつでも予告なしに終了または停止することができるものとします。

2. Commvault はその裁量により、すべての案件について承認および授与の基準を満たしているかどうかを判断できるものとし、こうした資格に関する Commvault の判断を最終的な決定とします。