Commvault の Data Platform ソリューションが シスコの Solutions Plus Program で利用可能に

エンタープライズ バックアップ、リカバリ、アーカイブ、クラウドのグローバル リーダーである Commvault Systems (本社:米国ニュージャージー州、 NASDAQ: CVLT)は、シスコの Solutions Program に参加したことを発表しました。 Commvault Data Platform ソリューションは、 2017 年 10 月よりシスコの Global Price List (グローバル価格表)で利用可能になります。

Commvault Data Platform がシスコのグローバル価格表で利用可能になったことで、シスコおよびその販売各社は、市場をリードする Commvault のデータ管理ソリューションを容易に販売/提供できるようになります。世界中のお客様は、それぞれ特有のニーズに合わせて Commvault のソリューションを購入し、導入することができます。お客様が新しい UCS サーバーでインフラの刷新を図るか、 HyperFlex でハイパーコンバージド インフラに移行するか、パフォーマンスを最適化した FlashStack または Flexpod によってコンバージド システムを設計するかにかかわらず、 Commvault Data Platform は、実績のあるエンタープライズクラスのデータ保護/管理を提供します。パブリック クラウド プロバイダー、ハイパーバイザー、ビッグ データ サポート、データベース保護の広範なサポートをシスコのハードウェア上で提供する Commvault のソフトウェアは、ミッションクリティカルな使用事例やセカンダリ アプリケーションの使用事例において、ハイブリッド クラウド戦略の採用と移行を促進します。

あらゆる規模の組織が増大するデータ管理の課題に直面しており、アジア太平洋地域の企業の 93 %は自社のビジネスにおけるデータの重要性を認識しています1。そうした懸念に加えて、企業が管理、保存、分析しなくてはならないデータ量の爆発的な増加や、ますます増大するセキュリティ違反のリスクといった課題があります。それらに対応するために、データの継続的な流入に対処しつつ、オンプレミスおよびクラウドに保存されたデータを柔軟かつ確実に管理でき、シームレスな拡張のために自動化とポリシーベースの機能を提供する、堅牢で実績のあるデータ保護ソリューションが求められます。 Commvault Data Platform は、増大するさまざまな脅威を防御する一方で、そうした要件に対応できるよう設計されています。

このたびのシスコとのパートナーシップの拡大により、お客様は統合されたスタック内に最善の組み合わせのソリューションをシームレスに導入できるため、すでに定評のあるシスコのデータセンター ポートフォリオの価値提案がますます強化されます。

Commvault の Data Platform ソリューション、およびシスコの Solutions Plus program の詳細は、下記 URL をご覧ください。 https://www.commvault.com/solutions/by-technology/infrastructure/cisco-ucs (英語)

1IDC 2016 C-Suite Barometer Research http://www.nationmultimedia.com/news/Startup_and_IT/30299119

Commvault について
Commvault は、クラウド データ管理ソリューション のリーディング プロバイダーで、ワールドワイドの企業がデータを活用し、より多くの価値やビジネスに関する洞察を引き出し、現代のデータ環境を変革することに貢献しています。直接提供されるソリューションやサービス、ワールドワイドのパートナーやサービス プロバイダーのネットワークを介し、 Commvault のソリューションは、データ保護/リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有において業界をリードするポートフォリオの 1 つになっています。 Commvault は、信頼のおける独立ベンダーとして、テクノロジー ビジョン、革新性、実行力において、お客様やサードパーティー インフルエンサーから栄誉を得ています。ハードウェア ビジネスや他のビジネス課題に気を取られることなく、 Commvault はデータ管理ビジネスのみに注力することで、あらゆる規模、あらゆる業種の企業に採用されています。オンプレミスで採用するソリューションとして、モバイル プラットフォーム間で、クラウドからクラウドへ、“ aaS (as-a-service)”としてなど、様々な環境で使用されています。 Commvault の本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、 NASDAQ (CVLT) に上場しています。ワールドワイドには 2,700 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。「企業のデータをどのように活用することができるのか」 — Commvault 社に関するさらに詳しい情報は https://www.commvault.com/ja-JP をご覧ください。 Commvault Systems Japan 株式会社の本社は〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8Fにあります。

Safe Harbor Statement: Customers' results may differ materially from those stated herein; Commvault does not guarantee that all customers can achieve benefits similar to those stated above. This press release may contain forward-looking statements, including statements regarding financial projections, which are subject to risks and uncertainties, such as competitive factors, difficulties and delays inherent in the development, manufacturing, marketing and sale of software products and related services, general economic conditions and others. Statements regarding Commvault's beliefs, plans, expectations or intentions regarding the future are forward-looking statements, within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All such forward-looking statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results may differ materially from anticipated results. Commvault does not undertake to update its forward-looking statements. The development and timing of any product release as well as any of its features or functionality remain at our sole discretion.

©1999-2017 Commvault Systems, Inc. All rights reserved. Commvault, Commvault and logo, the "C hexagon” logo, Commvault Systems, Solving Forward, SIM, Singular Information Management, OnePass, Commvault Galaxy, Unified Data Management, QiNetix, Quick Recovery, QR, CommNet, GridStor, Vault Tracker, InnerVault, Quick Snap, QSnap, IntelliSnap, Recovery Director, CommServe, CommCell, ROMS, Commvault Edge, and CommValue are trademarks or registered trademarks of Commvault Systems, Inc. All other third party brands, products, service names, trademarks, or registered service marks are the property of and used to identify the products or services of their respective owners. All specifications are subject to change without notice.