スケールアウトは新しいスケールアップ

成長は素晴らしいことなのに、なぜこんなにも制約を感じるのでしょうか? スケールアウトをご利用いただくことで、必要に応じて容量を拡張できるクラウドのような柔軟性が実現します。

スケールアウトについて問い合わせる

Commvault HyperScale™ Appliance でクラウド対策を簡単に

技術デモを見る

スケールアップのデメリット

スケールアップ アーキテクチャの場合、容量を追加する唯一の方法は新たなディスク シェルフを設置することです。しかし拡張のたびにパフォーマンスが低下します。シェルフ容量が足りなくなったときは、さらに大きく高速なシステムを買ってデータを全部移行するしかありません。

スケールアップ手法では、何年も先までデータ量の増加を予測する必要がありますが、過剰 / 過小なプロビジョニングに陥りやすく、そのどちらもインフラストラクチャと運用コストを急増させます。複数の仮想化、コンピュート、ストレージのためのポイント製品は、管理とサポートを複雑化させます。複雑性とデータのサイロ化はサービス レベルを低下させ、クラウドへの移行を妨げる可能性があります。

「ハードウェアの数と大きさを増やせばいい」は、もはや持続可能なソリューションでないことは明らかです。

3 ways to embrace data storage efficiency

データ ストレージを効率化する3つの方法

Explore Commvault HyperScale™ Technology to discover how it can meet your data protection and secondary storage needs with a scale-out infrastructure.

Commvault HyperScale™ 技術により、スケールアウト インフラストラクチャでどのようにデータ保護とセカンダリ ストレージのニーズを実現できるのかをご紹介します。

セカンダリ ストレージのためのスケールアウト手法:4つの利点

セカンダリ ストレージとデータ保護のためのスケールアウト アーキテクチャには、ハイパーコンバージド インフラストラクチャがプライマリ ストレージにもたらすのと同じ利点があります。オンプレミスのハードウェアにクラウドのような拡張性を提供することで、仮想化、コンピュート、ストレージをひとつのソリューションに統合することで、必要な時にいつでも使用可能なインフラストラクチャを迅速かつ動的に展開できるようにします。

Seamless storage scalability

シームレスなストレージ拡張性:

データ量の増加予測によって過小なプロビジョニング、または過剰なプロビジョニングにおちいることはもうありません。必要なコンピュートとストレージを必要な時に追加するだけで、フォークリフトのアップグレードに終止符を打つことができます。

Greater resiliency and availability

回復力と可用性の向上:

ハードウェアとソフトウェア インフラストラクチャの多層構造をなくすことで、リストア プロセスを加速し、潜在的な障害ポイントを大きく絞ることでデータの可用性を向上します。

Cost-effective operations

費用効率の高い運用:

複数のポイント製品のニーズを集約または排除することで、トレーニングや保守、サポート費用を削減できます。

Simple storage management

シンプルなストレージ管理:

コンピュートとストレージを、データ保護、OS、仮想化ソフトウェアと統合し、複数のタッチポイントをひとつのソリューションへまとめて管理を容易にします。

統一された最新のデータ保護ソリューションにより、アプリケーション、OS、ハイパーバイザー、クラウド プラットフォーム、ストレージ アレイなど広範な組み合わせで検証された、クラウドのようなサービスがオンプレミスで利用できます。スケールアップに縛られることなく、スケールアウトへ移行することで信頼性と費用効率の高い手法で必要な柔軟性を提供します。

Commvault HyperScale™

Commvault HyperScale™

クラウドのようなサービスをオンプレミスで実現する最新のデータ保護と管理プラットフォームです。

お客様のアクション アイテム

これらのツールがどのようにお客様のデータ拡張の目標に適用されるかを確認しますか?