トピック別ソリューション

Commvaultは、お客様がリスクを低減し、効率性を向上させ、コンプライアンスを確保しながら、データの価値を最大化できるように支援します。

クラウド データ管理

クラウドはすべてを変えます。 多くの企業と同じように、動的なスケーラビリティやコスト効率のメリットを享受するため、お客様もクラウドに急いで移行したのではないでしょうか。 しかし、真のメリットはスケーラビリティやコスト効率ではなく、 アジリティであることがわかってきました。 現在、クラウドを使用すれば、新しいウェブ サーバーをすぐに作成できるアジリティが得られます。 また、変化するビジネス ニーズを満たすためにインフラストラクチャをすばやく移行できる柔軟性も得られます。

データの仮想化

ビジネスの成長は、データのワークロードが増すことを意味します。 そしてそれは、さらに多くのストレージ、仮想マシン、アプリケーションが、インフラストラクチャへ加えられることを意味します。 このため、一度は制御されていたはずの環境が、まったく制御されなくなっています。 仮想化によって、データとアプリケーションの急増に対応する、強力で柔軟性がある方法が提供されます。 しかし、プライベート クラウドとパブリック クラウドというハイブリッド環境全般で、仮想サーバー、ストレージ、アプリケーションを設計し、導入することは、さまざまな独自の課題を生み出すことも意味します。

ディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリと、何がリスクにさらされているか (ビジネスの損失と評価の低下の可能性) について再考してください。 オンプレミス、クラウド、および仮想環境にわたるデータの包括的なディザスタ リカバリがビジネスにとって不可欠です。 堅実な DR 戦略があれば、ランサムウェアや GDPR などの新しい課題に対する対応を図るうえで役立ちます。

ハイブリッド IT

デジタル変革が進む中で、お客様のような企業は新しいアプリケーションやデータにクラウド重視の戦略を採用しています。 ハイブリッド インフラストラクチャにはデータ管理プラットフォームが必要です。 オンプレミス、パブリック クラウド、プライベート クラウド、仮想化インフラストラクチャ間で目的どおりにデータを移動、管理、使用するために、その他の方法では投資のメリットを得ることができません。

IT の効率性

IT では、仮想化によって、物事が簡単になるはずでした。 ある側面では、そうなりました。 IT により、時間がかかる日常の数多くの作業から、解放されました。 そしてそのおかげで、チームは仮想化を活用して、ビジネスへ実際の価値をもたらす業務により多くの時間を割いて集中できるようになったのです。

ランサムウェアからの保護

ビッグ データの保護

多くの組織にとって、ビッグ データ ソリューションは、新しい基幹業務向けエンタープライズ アプリケーションとなっています。 そこでの問題はなんでしょう? それは他のエンタープライズ アプリケーションと同じ規定で管理されていないことです。