想像してみてください。統合されたシンプルなデータ管理のためのプラットフォームを。

手法を進化させれば、データをアクティベートし、より高い価値が引き出せます。

データ主導の傾向とデジタル技術への依存がますます強まる中、すべての企業にとって自社に大変革を起こし、自社データを有効活用してさらに多くの価値を生み出す一世一代の機会が訪れています。 ビジネスを見通すためのデータの洞察はその重要性を増しています。 同時に、増大し多様化するデータを格納するリスクとコストを抑制するために、よりスマートでオープンな IT の導入が必要とされています。

データ管理を統合してシンプル化することにより、Commvault® は、他にはないソリューションを提供します。

Commvault Data Platform

そのしくみを知る

1分析機能、
クエリ、キャプチャ

複数のソースからデータを収集し、コンテンツに対してクエリを実行することで、データの分類、キャプチャ、管理方法に関する洞察が得られます。

2コンテンツ
インデックス

検索と検出を可能にするため、詳細さのレベルを高めてデータのコンテキストとコンテンツを提供します。

3リッチ メディアと
詳細なオブジェクト インデックス

作成日時や場所、インフラストラクチャ、元のアプリケーションにかかわらず、数十億ものオブジェクト、ファイル、BLOB、コンテナーなどを容易に検出して取得できるようにします。 高レベルのアジリティをもたらします。

4仮想
レポジトリ

仮想レポジトリは、ストレージ管理と、複数の場所や階層、インフラストラクチャを通過するデータ移動を可能にし、すべてのデータ タイプに合わせてポリシー管理を調整します。 広範な場所、階層、インフラストラクチャ全体にわたりデータ セキュリティとデータ暗号化の手段を確保しながら、圧縮や重複排除などの効率的なデータ ストレージ技術を採用しています。

1

データに潜む価値を明らかにする

2

メタデータの枠を超える

3

ポリシー駆動型のデータ管理アプローチ

4

ネイティブ形式でアプリケーション データに簡易にアクセスする

5

運用

単一の統合ビューで、すべてのデータに対して権限ベースでコントロールされたアクセスが可能になるため、データや使用状況、環境などの特性を把握し、運用状況の理解を深めることができます。

全データの単一インデックスにより、データの場所や性質、所有者、だれにアクセス権があるかなどのコンテキストの詳細がわかります。 現在、お客様は、Commvault のソフトウェアのバージョン11を使用して、次世代のデータ管理を実践しています。

Data Platform は、次の 4 つの主要な革新技術により、
データ管理の進化を開始しています。


 
 
 
 

常に稼働、
常に使用可能

Data Platform は、可用性が高く、データのバックアップ世代をすべて保持します。ライブ コピーにより、Data Platform はこれらのデータのコピーを読み取り可能なネイティブ形式で業務に戻すことができるため、従来かかっていたリカバリ時間を排除し、より厳しいRTOを 達成できる可能性が大幅に向上します。増分ブロック キャプチャ機能は、進行中のリカバリ処理の帯域幅/ストレージ制約を緩和しながらリカバリ ポイント取得の頻度を高め、さらなるRPO と RTO の向上を図ります。

1 つのプラットフォームで
すべてのデータを管理

仮想レポジトリは、データの「ライブ」の本番コピーと世代 (バックアップ、アーカイブ、メール ジャーナルなど) の両方へのアクセスを提供します。ユーザーは、クラウド常駐 SaaS アプリケーションなど、データのライブ コピーとバックアップ世代のインデックス化、表示、共有、同期に使用できるデータ管理プラットフォームを活用するためにバックアップを実行する必要はありません。

オープンで俊敏

Commvault の基盤プラットフォームを使用すると、規格に基づいたアプローチにより、現在と将来において、何の制約もなく、本番環境のワークロードを実行するインフラストラクチャ戦略を選ぶことができます。さらにこれらすべてを、複雑性を提言してアジリティを向上させながら実現できます。これにより、新たな技術革新やインフラストラクチャ戦略をかつてないほど容易に採用できるようになります。

深い洞察を得る

Commvault の拡張可能な分析機能とクエリ エンジンは、データ内部を詳しく調べる機能とそのコンテンツをインデックス化する機能を搭載しています。これは、他のアプローチとは異なり、データをレポジトリに移動しなくても「その場で」実行することができます。構造データ、非構造データ、クラウド データなど、複数のデータ リソース全体を同時に検索できます。

登録して
実際のライブ デモをご覧ください。

Commvault のアプローチはかつてない価値をもたらします。

中断のリスクを回避する – 単一の統合データ管理アプローチは、新技術を採用する際のリスクを排除し、不確実性への対処を支援します。

規格ベースのオープンなアプローチ – 保護、保持、アクセス、コンプライアンスを実現するため、ハイパー コンバージド環境でハイブリッド/プライベート/パブリック クラウドにわたり、今すぐインフラストラクチャをサポートし、オンプレミスでネイティブに実行できます。


強力な基盤

ロックインの排除オンプレミスでの実行とクラウドへの移行の両方で、従来のデータソフトウェア形式のロックインと、ハードウェアとインフラストラクチャのロックインを排除します。

ハードウェア アレイハイパー コンバージド インフラストラクチャに即対応 – ハードウェア インフラストラクチャ全体でスナップおよび複製管理において業界をリードし、柔軟性を高め、選択肢を提供します。

アーカイブの再定義 – 使い慣れたユーザー エクスペリエンス (File Explorer、Outlook、モバイルなど) により、アクセス不能で無駄なものと化しているデジタル データを、直接アクセス可能なアクティブなデータセットに変えます

データのライフサイクル全体にわたるガバナンス – データ作成後にメソッドを適用するのではなく、コンテンツとコンテキストに基づいてデータ作成のアクティブなガバナンスを提供します。

標準搭載のエンド ツー エンド データ セキュリティオンプレミスとオフプレミスのすべてのデータの高度な認証/暗号化プロトコルにより、管理、監査、コンプライアンス監視、レポート作成機能にセキュリティが完全に統合されています。

総合検索 – 構造データと非構造データにわたり、すべての場所にある全データ (ライブ データとバックアップ履歴データ) を検索できます。